ナンパ学のすすめ〜大人の放課後日誌

ナンパを通したコミュニケーション研究

読書

恋愛工学の功罪を考える〜藤沢数希氏の『僕は愛を証明しようと思う。』を読んだ

藤沢数希氏の小説『僕は愛を証明しようと思う。』を読んだ。 ナンパ小説と思われがちだが、実際に読むと、著者のロマンチズム全開である。 恋愛工学の師である永沢は主人公ワタナベに自分ではたどり着けなかった真実の愛を 託したように思えた。 僕は恋愛工…